コラム

一生サラリーマンで終わるのか?それは令和時代不可能!これからの生き方は個を磨く事

どうもこんにちは!会社員とブロガーの二刀流のdashです。よろしくです。

最近と言いますか僕自身ずっと悩み続けている問題があるんです。それが「このまま一生サラリーマンで僕は終わるのか?」という不安。

結局僕自身、視力に障害があるという事もそうだし、僕ってきっと何か使命をもってこの世に生まれてきていると思うんですよね。

でも現状は正直得意ではない仕事でミスをしまくって、毎日自分自身に自暴自棄になる毎日を送っている現実。

「いやいや!僕が送りたい人生そうじゃないから!もっと楽しいことをして、僕と同じような悩みを抱えている人を救いたい!これが本当に僕がやりたい事だろ!なぁ僕!」

みたいな感じで正直一生サラリーマンとして働き続ける事に疑問を感じていました。というのも、これからの時代会社で一生働き続けられる時代でもないし、そもそも会社で働くという制度自体も崩壊していると断言します!

という事で本日は一生サラリーマンとして人生を終えるのは正しいのか?これからの時代の働き方はどうなるのか?を紹介していきましょう!

こんな方にお勧めの記事です!
  1. 今現状一生サラリーマンとして働き続ける事に疑問を感じている方
  2. 正直今のサラリーマン生活を送り続けていく事に不安や焦りを感じている方

にお勧めできる記事です。

今はコロナウイルス等で不安や心配を煽るようなニュースを聞いて不安に感じながら生きている人も多いと思います。もちろん僕もその一人です。

でもこの記事に出会ったことはあなたにとって大きなチャンスでもあります。働き方や人生の価値、生き方を見直せるチャンスでもあるので、最後まで記事をご覧ください!

一生サラリーマンで終わるという選択肢の残酷さ

という事で!いきなりずばっと僕の辛口コメントを言っちゃいます。正直一生サラリーマンで終わるという選択肢を取るサラリーマンは、令和の時代において僕は非常に危険だと考えています。

その理由はただ一つ。

サラリーマンだけっで終わるという選択肢は会社と心中しているようなものだから。

 

これはきっとあなた自身もコロナウイルスによって痛感していると思います。コロナウイルスによって会社の業績が傾き、給料が削減されて挙句の果てには会社が倒産・・・。

という感じでサラリーマンといて会社で働き続ければ将来安泰なんてことはない!という事を気付かされたと思います。

なぜこのような事態に日本が今陥っているのか?それは就職活動をして会社似入社してサラリーマンになれば人生が保証されている!という錯覚を植え付けられてしまっているから。

これは別にあなたが悪いわけじゃありません。国や学校が教えてくれなかったのが悪いのです。

国は2018年に全面的に副業を認める方向転換をしましたが、それは国や会社では人生まで保証できないから自分自身で何とかしてね!というメッセージです。

 

今更それ言う!もっと早く分からなかったかいな( ゚Д゚)

てな感じですよね~。

 

で㎡それが今の日本の現実であり受け止めなきゃならない現実でもあります。現に日本のサラリーマンの年収は平成10年度をピークに年々駄々下がり。

 

そのくせ社会保険料などは燃円値上がり。つまりどんどんどんどん搾取されているわけです。それを今更国は副業解禁したから自助で頑張ってな!はあまりにも酷すぎるわけです。

 

という今の日本の現実を知った僕は、

「このまま本当に一生サラリーマンとして働き続けていいのかなな?いやダメだろ!人生詰むだろこれ( ゚Д゚)」

と強く僕は思うようになりました。

 

んでと!ここできっとこんな疑問を感じたはずです。じゃあ!これからはどんな働き方や生き方の時代になるのか?と疑問に感じている方が多いと思います。

 

だってサラリーマンとして働く事が正義!だと思っていた常識が非常識になりつつあるのでパニックになりますよね?なので僕がこれからの日本の進むべき方向性について考えてみました。

その答えは

これからの時代は個の能力や才能をフルに活用する時代!

です。

つまり何?って話ですが、簡単に言うと個人の才能や能力がより生かせス時代になるって事です。

今までの時代

就職活動をして会社似入社出来ればよかった時代。新卒一括採用なので高度なスキル菜緒は求められない。コミュニケーション能力やパソコンの基礎スキル。採用担当の受けがいい人が入社出来る。会社では年功序列制が今もなお強い。年齢を重ねていないと重要な仕事を任せてもらえない。

これからの時代

会社に入社して働く事が絶対ではない社会へと変化。個人で活動する起業家や副業がますます増加。個人の才能やスキル。それを求めている人との価値の交換で社会がなりたつ。縦社会から横社会に変化で上下関係なく、能力やスキルが認められる社会へと変化。

という感じですね。

つまりこれからの時代はより個人が活躍出来やすい社会へと変化へと進んでいるんです。例えばその代表例がyoutuberですね。

彼らは自分が好きな動画投稿で生活しています。芸人で一躍ブレイクしたヒロシさんは自身が好きなキャンプ動画をyoutubeにアップしたところ、視聴者が増え登録者数も増え、y outuberの収益だけで生活できるほどの収益をあげられています。

ヒロシちゃんねる

 

しかしyoutuberって別に会社に所属して給料としてお金をもらっていないんですよね。あくまでもyoutuberはグーグルに収益化の申請をして、それが認められたら収益が発生しているだけなので、別にグーグルに入社しているわけじゃありません。

 

そしてyoutuber以外にもキングコングの西野さんのように自身でオンラインサロンを立ち上げて収益化していたりなど、個人の能力や才能を個人が生かせる場所で活躍できる時代に変化しています。

つまりこれからの時代は、会社に依存しなくても個人で稼げる場所や環境で活躍していく時代です。むしろ今後の時代は会社に所属せずに個人で活躍していく時代なのかな?と僕は考えます。

所詮会社でサラリーマンとして働くのは人類の誕生から考えると、今たまたま会社で働く事が流行っているだけのことです。なので別に会社で働く時代ではなくなりつつあるのもおかしくはない話って事。

 

じゃあ!個人や能力や才能を生かしてマネタイズしていくためには何をすればいいの?と感じたかもしれません。その答えは簡単です。

これからの個のスキルや才能を生かしていくためには情報発信していく事!

これに尽きます。なぜ個人の才能や能力を生かして生きていく時代に情報発信していく事が大切なのか?それは自分自身の才能やスキルを知ってもらうためです。

というのも例えば僕が「料理をするのが得意かも?これは僕の才能かもしれない!」と自分自身が気付いていても、その才能を生かしていくためにはまずはみんなに知ってもらう事が必要です。じゃなければ宝の持ち腐れってやつです。

そのために

  • Twitterで毎日自分が好きな料理の事についてつぶやく
  • ブログで料理レシピなどを公開して読者を増やしてアフィリエイト商品の販売をする
  • youtubeを活用して自身が料理している場面を披露する

てな感じで自分自身の魅力や才能を多くの人に知ってもらうために、情報発信をしていくスキルが今後求められます。

それこそキングコングの西野さんのオンラインサロンもそうです。元々確かに西野さんは芸人として知名度はありましたが、絵本作家として活動してからはほぼテレビい出ることなく絵本作家の活動をしてきました。

 

正直ネット民からは、

西野はテレビから消えた!オワコンだ!

と言われたほどです。

 

にもかかわらず、オンラインサロンの人数が6万人を超えているのは、西野さん自身があアメブロなどで情報を発信しているからです。

今は一億総発信時代だからこそ自分自身の才能や個性や魅力を、偽ることなくありのままで発信していく事が求めっれているんです。個人をありのままに発信していく重要性は下記の記事でも紹介しているので、ご覧ください。

まとめ一生サラリーマンで終わるという選択肢は令和時代を生き抜くには危険

最後のまとめです!

今回は一生サラリーマンで終わるのか?というテーマで記事を書いてみました。結論として令和の時代はサラリーマンとして働き続けるのが困難な時代です。

これからは自分自身の個の能力や魅力を発信出来るのか?ここがポイントになります。そしてその才能や能力を交換し合う社会。価値交換社会の幕開けです。

なのでこれからは個人の能力や才能を知ってもらうための情報発信スキルが重要になります。個人を情報発信する方法はこのブログでも紹介しているので是非ご活用ください。

 

本日は以上で!dashでした!またね♪

ブロゼロ!